【肺】は、枝分かれした気管(=気管支)の先にブドウの房のようにくっついている肺胞という細胞の集まりです。肺胞の壁には毛細血管が密集していて、血液中に肺胞の中の酸素が取り入れられ、空気中に二酸化炭素が出されます。体が必要としている酸素と、不要になった二酸化炭素を交換する場所です。酸素と二酸化炭素の受け渡しが効率よく行えるように、たくさんの肺胞に分かれることによって毛細血管と空気が触れ合う面積を広くしているのです。