顎は、口を上下に開閉する構造の部分で、【下顎】は、上顎を視点として繰り返し稼働し食べ物の咀嚼を行右ことができます。下顎は、乳歯が生え変わる頃に永久歯が生えるスペースを作りながら伸び、咀嚼筋(あごを稼働させる筋肉)や舌の発達に伴って成長します。加齢や病気など何らかの理由で歯が消失すると、下顎の形状も影響を受けるため「かみ合わせ」が悪くなり、不調の原因となる場合があります。