【股関節】は、骨盤と太ももの骨を繋ぐ関節です。体重を支えつつ、立ったり歩いたりなどさまざまな動作に関わります。股関節の周りの筋肉がしっかり働くことでスムーズに動くことができるため、これらの筋肉が衰えると股関節の動きも悪くなり、骨盤のゆがみに繋がります。骨盤のゆがみは下半身の血行不良を招いて、下半身の冷えを生じることがあります。また、股関節の動きが悪い場合、腰を曲げた時に腰椎を大きく動かして腰にも負担をかけるリスクがあります。