【盲腸】は大腸の最初にある5〜7cmの部位で、その先端に突出している箇所を【虫垂】と呼びます。草食動物では容積も大きく消化機能の重要な役割を担いますが、ヒトの盲腸は大腸の一部でありながら消化吸収に関わりません。俗に盲腸といわれる「虫垂炎」は、虫垂のねじれや異物の詰まりなどが発端となり、虫垂が細菌感染を起こして炎症を起こした状態です。