【僧帽筋】は、首から背中にかけての大きな筋肉です。頭や両腕の重みを支えるなど重要な役割を担っており、日常生活において酷使する場所といえます。筋肉の緊張が原因で起こる「こり」は、特に僧帽筋との関連が深いとされます。