第14回 高血圧

ドクターフット 反射区 反射区表 浜松町 新橋 新宿 神田 足つぼ 健康教室 高血圧

◉「健康に良い」という思い込みは危険

◉そもそも冬は、誰でも夏より血圧高め

◉足つぼで心臓&血管の壁をハツラツと

早いもので気温や湿度が低くなって、体調管理が難しく感じられるときです。私たちが「健康に良い」と思っていることの中には、実は注意深く行わなければならないものもあります。例えば、冬の朝の入浴。
ゆっくりと時間をかけて入る“ぬるめ”のお風呂は、副交感神経に働きかけて私たちをリラックスした状態に導いてくれます。しかし、寒い朝に暖房のない脱衣所で服を脱いだり、熱いお湯に浸かったりすると、毛細血管や交感神経を刺激して血圧が急上昇。

そもそも冬は、誰でも夏より血圧高め。
しかも起床後まもなくは、就寝中に低下した血圧が上昇する体がデリケートな時間帯です。もともと高血圧傾向の人がストレス・疲労・喫煙・加齢など心臓に負担のかかる要因を抱えていると、心筋梗塞を発症するケースも。

そう。日常よくある場面で命を脅かすこともある重篤な合併症を引き起こすリスクを高めるのが高血圧症なのです。

血圧とは、血液が動脈を流れる時に血管の壁にかかる圧力のこと。
動脈は心臓から送り出された血液が流れる通り道なので、血圧は心臓がぎゅっと収縮して勢いよく血液を送り出した際の「収縮期血圧(上の血圧)」と、心臓が拡張した際の「拡張期血圧(下の血圧)」では数値に違いがあり、上140以上、下90以上の状態が継続している場合が高血圧症の目安です。

血圧は心臓が1度に送り出す血液の量と、血管のコンディション(太さや柔軟性)で変わります。さらに高血圧の状態が続くことで血管の内壁が厚く硬く変化していき(動脈硬化)、肝心の血液の通り道が細く脆くなって血管の詰まり(梗塞)や破れ(出血)が起こりやすくなります。

ドクターフットの台湾式リフレクソロジー(足つぼ)は、まさに「第2の心臓」とも呼ばれる足の筋肉をしっかり揉みほぐし、ポンプの働きで全身のスムーズな血行を促進することで、心臓や動脈に負担が集中するのを防ぎます。

また新陳代謝を高めて血液から余分なものを排出してサラサラにするので、血液が流れやすく血管を劣化させずらくなり、高血圧と合併症の予防に役立ちます。

 
ドクターフットの足つぼ健康教室の反射区 高血圧