【副腎】は、左右の腎臓の上にそれぞれ1つづつあります。外側の「皮質」と内側の「髄質」でそれぞれ異なるホルモンを分泌する内分泌系です。

副腎皮質から分泌される「副腎皮質ホルモン」には、血液中の成分(水分、糖、ミネラル)の調節を行って、身体機能や血圧などを正常に保つ役割があります。またこのホルモンと同様の作用をもつ薬剤「ステロイド」は、優れた抗炎症効果や抗アレルギー効果を発揮することがよく知られています。副腎髄質から分泌される「副腎髄質ホルモン」には、アドレナリン、ノルアドレナリンがあり、ストレスに反応して分泌され身体状況を調整する役割を果たします。