【回盲弁】は、小腸の終わりである「回腸」と大腸の始まりである「盲腸」を隔てる弁です。小腸で概ね栄養を吸収した後、食物の残りは大量の水分とともに回盲弁から押し出されて、大腸へと向かいます。この時、大腸から小腸へ逆流を防ぐ役割をしています。