【脳下垂体】は、視床下部の指示を受けて各種のホルモンを分泌する内分泌腺(※)の一つです。で前葉・中葉・後葉の3つの部分からなり,特に前葉から分泌されるいろいろの刺激ホルモンは,それぞれ他の内分泌腺を刺激して,その働きを支配する役割があります。

※内分泌腺には、脳下垂体の他にも甲状腺副甲状腺すい臓副腎生殖腺などがあり、それぞれに別のホルモンが作られています。人が話す言葉の代わりに、体内では内分泌腺がホルモンを分泌して他の器官に情報を伝え、体の各機能の調整を行うのです。ホルモンの量が多かったり少なかったりすると、機能のバランスが崩れて体に不調があらわれます。