【仙骨】は、脊椎の一部で腰椎(腰)の下に位置し、【尾骨】はその先の脊椎の最終地点です。中でも仙骨は、骨盤の真ん中にあって背骨を下から支える重要なところです。すぐ外側になる腸骨(お尻の骨)とも関節で繋がっており、この関節が動作の際に衝撃を吸収するなど大切な機能を果たしているのです。負担が増大してトラブルを生じると、骨格や神経の伝達、血液やリンパの流れといったさまざまなところに不調が起こる可能性があります。