【胆嚢】は、肝臓で作られた「胆汁」を貯蔵しておくための袋状の器官です。胆汁を使う十二指腸とは、胆管という管で繋がっていて、消化のために胆汁が必要になると胆管を通って送り出されます。胆嚢でよく知られているトラブルといえば、胆汁の成分が胆嚢や胆管内で固まってできる「胆石」。食生活の脂質の割合が高いと、コレステロールが材料となって結石を作りやすくなります。