【輸尿管】は、左右の腎臓からそれぞれ膀胱につながっています。腎臓で作られた尿は、輸尿管の蠕動運動で少しづつ膀胱へと送られていき、一度膀胱へ貯められた尿が逆流して輸尿管へ戻らないように、輸尿管と膀胱の繋ぎ目は膀胱が収縮する際には閉じる仕組みです。輸尿管にも他の器官と同様に癌細胞ができることがあり、膀胱癌とは区別され「上部尿路癌」と呼ばれます。さまざまな癌の発生に関連があるとされる喫煙は、この癌では特に影響が懸念されています。