【横隔膜】は、心臓などが入っている「胸腔」と胃腸や脾臓生殖腺などが入っている「腹腔」を隔てる筋肉質の膜のことです。肺は自分自身で膨らんだり、縮んだりすることができないため、息を吸うときは横隔膜が下がり胸腔を広げて肺が膨らむのを助けます。また、息を吐くときは横隔膜が上がって胸腔を狭めて肺が縮まるのを助けます(=腹式呼吸)。猫背の姿勢などでは横隔膜が十分に動くスペースがとれず、呼吸が浅くなってしまいます。しゃっくりとは、横隔膜が痙攣している状態をさします。